ストレスチェックを導入しよう!|有益性の高いシステム紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の人材発掘と育成に

会社

タレントマネジメントシステムを導入し、利用することで、社員の持つ能力を有効活用できます。タレントマネジメントシステムを1つの製品として販売している会社は少なくないので、いろいろ情報を集めてみましょう。

More Detail

5つのステップ

PCを触る人

ストレスチェックを社に導入するには、まずそのための準備が必要となります。大前提として、「これから当社にストレスチェック制度を導入、施行する」という旨を周知しておく必要があります。その上で、ストレスチェックをいつ実施するのか、誰に実施させるのかなど、必要項目を作って1つずつ決めていかなければなりません。口頭で話し合ったとしても、しっかり文章に残しておきましょう。そこにある内容を社員に全て伝えることも忘れてはいけません。大まかなことが決まったら、責任者を含む数人の担当者を決める必要があります。ストレスチェックの実施者、面接指導の担当医などを決めていきましょう。ストレスチェックにおける準備はこのような感じで進めていきます。

ストレスチェックは、主に5つのステップに沿って進んでいきます。1つめのステップは、「質問票の配布、記入」です。全社員に記入してもらったら、「質問票の回収」に入ります。これが2つめのステップです。基本的に質問票は医師をはじめとしたストレスチェックの実施者が回収することになります。3つめのステップは「医師によるストレス評価です。高ストレスだと断定された場合は、医師による面接指導が入ります。4つめのステップは「結果通知」です。通知は実施者の元から社員へと渡されます。基本的に企業側へは返ってこない仕組みとなっています。最後、5つめのステップは「結果の保管」です。結果は企業側でなく医師などの実施者が保存することになっています。これがストレスの主な流れとなります。

3つの種類の特製を知る

電卓

給与計算システムには、主に3つの種類があります。これら3つは、それぞれ全く異なる特徴を持っており、使い勝手にも違いがあります。種類の特性を把握すれば、大体自社にどのタイプが適しているか分かってくるでしょう。

More Detail

導入によって得られる効果

オフィス

今、プッシュ通知が1つのマーケティングツールとして人気を集めています。プロ、つまり専門会社に依頼すれば、効果性の高いプッシュ通知を導入できます。専門会社探しは比較サイトを利用すると良いでしょう。

More Detail